• 樹脂ブッシュとは?その特徴とメリット

    幅広い分野で使用されているブッシュとは、軸や筒状の部分などに嵌め込んでその隙間を埋めたり、緩衝に用いるための円筒形やドーナツ型の機構部品のことを指します。

    ブッシュは、ペアリングの一種であるすべり軸受けや、シャフトと軸受けの間のスペースを埋めるために入れる部品などとして使用されていますが、その用途は非常に幅広くなっています。


    スペーサーの使用をはじめとして、緩衝材やすべり面で軸を受ける軸受け、比較的簡単な機械では潤滑剤としてグリスを封入することにも使われています。



    このように幅広い用途として利用されているブッシュは、さまざまな素材で作られています。



    金属加工されたものやプラスティック、ナイロンやテフロン、ジェラコン、PEEKやPBTなどの樹脂、ラバーやセラミックなど用途に合わせてさまざまな材質やサイズ、形状のブッシュが取り扱われています。

    その中でも樹脂ブッシュにはどのような特徴があり、メリットがあるのでしょうか。樹脂ブッシュを作っている樹脂はその重さも軽く、金属ペアリングなどは樹脂ブッシュにかえるだけで大幅な軽量化を実現できるメリットがあります。

    樹脂ブッシュにおいては企業によって高性能の製品も開発されており、それらの樹脂製のすべり軸受けは無潤滑、メンテナンスフリー、低コストなどを実現して幅広い用途に使える魅力があります。
    樹脂ブッシュにおける無給油ブッシュは、自動車用品から特殊機械、食品機械や過酷な温度や耐薬品性を必要とする箇所にも適しており、耐食性や衛生性に優れており、局部負荷にも強い特徴があります。



    樹脂以外の素材で作られたものよりも技術的にも経済的にも優れた製品として注目を浴びているのです。